FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜驚症の対策

夜驚症対策

夜驚症というのは、夜中に突然起きて、叫んだりわめいたり、中には歩き出したりする症状が出ることで、大人も子供もこの病気になります。本人は眠っている状態なので、意識がありません。ですから例えば、子供で夜驚症の症状が出た場合、まず2段ベッドの上の段に寝かせるのはやめましょう。それから、角の鋭い家具に頭をぶつける可能性もありますのでスポンジやゴムを張るなどの対策もした方が良いでしょう。汗をかいたり、呼吸が荒くなったりもしますので、夜中に着替えをさせるなどの対策も行ったほうが良いでしょう。何回もこのような状態が続いたら、専門医にきちんと見てもらったほうが良いでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。