スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の夜驚症

子供夜驚症

夜驚症に悩まされている子供がたくさんいます。子供といっても乳幼児などの赤ちゃんではなく、だいたい3から5歳くらいの子供が多いようです。症状は、夜中に突然起きて、泣いたり、立ち上がったりすることが多いです。こういった夜驚症の症状が起きても、目が覚めているわけではなく、寝たような状態で意識はありません。従って本人は目が覚めたとき、自分が夜驚症で泣いたり騒いだりしたことを覚えていません。

原因はその主なものが、心理的なものと考えられています。昼間、怖い経験をしたり、心理的に負荷のかかる経験をしたりすると、その影響で夜驚症にかかることがあります。また、遺伝的な要素も見逃せません。夜驚症の子供の9割くらいは、親族に夜驚症の人がいる場合が多いので、遺伝的にもなにかしらの関係があるかもしれません。なかなか治らない場合は、精神的な病気かもしれないので、専門医に見てもらうとよいでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。