スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜驚症の注意点

夜驚症の注意点

子供が夜驚症の場合親が毎晩寝られず参ってしまい、結果的に子供を虐待してしまうという悲劇が起きています。夜驚症はいわゆる風邪のような病気と違い、治療法が確立されていません。
(ひどい場合には精神安定剤を使いますが、原因を根本から治すというものではありません)

ですから、親はひたすら我慢しなければいけないのですが、両親ともに参ってしまうと、子供がますます不安定になり、夜驚症の治りが遅くなってしまう事には注意しなければいけません。

可能であれば、今日は母親が夜子供を見て、明日は父親が夜子供の面倒を見る。または週末だけ父親が子供の面倒を見るなど両親が交代で見るようにすると負担が半分になります。おじいちゃん、おばあちゃんがいるご家庭なら負担は4分の1になります。

一番いけないのは2人とも倒れてしまうこと。なんとか交代で対処する方法を見つけ、休憩しながら気長に対処しましょう。




掌多汗症・掌の汗をどうにかしたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。