スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜泣き予防

夜泣き予防

赤ちゃんを育てていると夜泣きに悩まされますよね。赤ちゃんの夜泣きはシーンと静まり返った夜の家中に響き渡りますので、夜もおちおち眠れないという夫婦も多いことでしょう。旦那さんとしては寝ていないということで仕事に支障をきたしますし、当然赤ちゃんの夜泣きで眠れなかったからなんていういいわけは通用しないでしょう。奥さんも夜は寝れない。そして家事と育児で昼間はくたびれ果ててしまう。挙句の果てにはうつ病などの精神的な病気にもなりかねませんよね。

夜泣きを予防する方法は、赤ちゃんが夜なく理由を把握し取り除いてやることです。まずはおなかがすいていないかをチェック。もしおなかがすいていたら、ミルクを夜は少し多めに飲ませてみてください。そうすることで腹もちが良くなり、赤ちゃんが夜泣きをするのが防げるかもしれません。それから、おむつは汚れていませんか?おむつが汚れていると気持ちが悪くて泣くケースがあります。それからかまってほしくてなくケースもあります。その時は、一時間くらいは覚悟して抱っこしてみたり、あやしてあげてください。赤ちゃんが泣くのは、何らかのメッセージを大人に伝えたくてなくケースがほとんどです。

でもどうしても毎晩毎晩泣く場合は、医者に相談し、安定剤をつかったりすると良いでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。