スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜驚症とは

夜驚症とは

夜驚症(やきょうしょう)とはあまり聞きなれない言葉ですが、夜驚症に苦しんでいる子供も大人もたくさんいます。夜驚症は、突然起こる睡眠障害の一つで、夜中に突然起き、大きな声を出したり、歩いたり、泣き喚いたりしてしまう病気です。突然おきだすといっても、時間にすれば数分以内、小さい子供は自分が夜驚症でおきたことすら忘れてしまいます。精神的に神経質な子供に多く見られる傾向があります。夜驚症や最も深い眠りのときに起き、部屋を歩き回ったり、泣いたり、叫んだり、夢遊病やてんかんと似た症状が出ることもあります。てんかんや夢遊病と夜驚症の違いは素人ではあまり区別がつかないので、病院の小児科の専門医に良く話しを聞くと良いでしょう。夜驚症の程度によって治療方法も違ってきますが、生活指導のほかに、酷い場合になると薬を使う場合もあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。