FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の夜驚症対策

大人夜驚症対策

大人が夜驚症になるのは非常に稀なケースです。夜驚症は大抵子供(だいたい3~10歳くらい)の頃に発祥し、成長するにつれて自然とおさまってきます。症状としては夜中に突然起きだし、叫んだり、泣いたり、目を見開いておびえた症状を浮かべたりといった症状がありますがおきると全く覚えていないのが特徴です。大人の場合こういった症状を表すことは非常にまれです。

夜驚症と良く似た症状に夢遊病がありますが、夜驚症との違いは夢遊病の場合は、普通におきだして歩くことです。泣いたり叫んだりといった症状を表しません。朝起きると夜中にあった出来事を覚えていないのは夜驚症と一緒です。大人の場合、夢遊病ならありえます。大人になっても夢遊病の症状はありますので、その場合、寝る前に精神安定剤などを飲むと良いでしょう。しかし、妊婦の場合は薬を飲むのはやめ、カウンセリングなどを受けてみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。