スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルで夜驚症が悪化

タミフル夜驚症が悪化

豚インフルエンザが流行っています。インフルエンザが流行るたびに注目されるのが抗インフルエンザ薬。その中でも抜群の効果があるのがタミフルです。しかしながらいくらインフルエンザを治療したいといっても、タミフルを使用するのは、脳への影響やその後の副作用などを考慮すると、必ずしもベストなソリューションとはいえないようです。現在分かっているだけでも、タミフルを飲んだ後の異常行動は、多数あり、その中には、夢遊病や夜驚症などの症状も多々あります。

現在分かっている臨床試験では、タミフル自体が夜驚症や夢遊病の引き金になるのではなく、もともと夜驚症になりやすかったり、夢遊病患者の要因がある人がタミフルを飲むと夢遊病になったりする可能性があるということです。はっきり言ってこの臨床試験自体も規模の小さなものですので、信憑性があるとは言い切れません。しかし、タミフルを飲んだ後に異常行動を起こした症例は無数に存在するのも事実。夜驚症の症状が悪化した、夜驚症を発祥したという症例があるのも事実です。もし、インフルエンザにかかっても、このような事実を知っていれば、よっぽどのことがない限りタミフルを使用するのは控えた方が良いかもしれませんね。そのほかにもたくさんの抗インフルエンザ薬が存在しているのですから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。