FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜驚症症状

夜驚症症状

これまでも、このブログの中でいくつか夜驚症症状をご紹介してきましたが、夜驚症は主に成長期にある子供がかかる病気であり、夜驚症の症状は、夜(もしくは昼間)、寝ている時に突然おきだし、叫んだり、泣いたり、混乱状態がしばらく続く状態のある症状のことを言います。夜驚症のそのほかの症状としては、夢遊病の様に夜中に歩き回ったり、ひきつけを起こしたりといった症状があります。通常、子供が成長してくるにつれ、落ち着いてきますので、自然と治ってしまいますが、あまりにも頻繁に夜驚症の症状が出たり、家族の他のメンバーが寝られなかったりした場合は、病院に行って、薬をもらった方が良いでしょう。薬は主に精神を安定させる為のもので、副作用も無いですし、成長期の子供でも心配する必要はありません。夜驚症の症状はてんかんと似ています。素人では判断がつきにくいのでてんかんか、夜驚症か、どちらの症状なのかを調べてもらった方が良いでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。