スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人の夜驚症

成人夜驚症

子供に多い病気として注目されがちの夜驚症ですが、実は成人にもあります。その割合は、子供の3%程度が夜驚症なのに対し、成人では約1%以下くらいの人が夜驚症に悩まされています。原因はおきているときの疲れや仕事上のストレスなど。夜驚症で興奮している時は恐怖を感じたり、泣き叫ぶこともありますので、始めてその様子を見た人は少しビックリするかもしれません。夢遊病のように歩き出すこともしばしばある夜驚症ですが、成人の場合は、子供の夜驚症と違って、きちんと治療した方が良いでしょう。治療方法も心療内科で精神安定剤をもらうのが一般的な夜驚症の治療方法で、それでほとんどの成人の夜驚症は治療できます。成人の夜驚症はストレスが原因のことが多いので、ストレスをなくすことが一番良い方法なので、何か没頭できる趣味を持ったり、仕事や会社のことを忘れられることをしたりするのも良いでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。