スポンサーサイト

夜驚症症状

夜驚症症状これまでも、このブログの中でいくつか夜驚症の症状をご紹介してきましたが、夜驚症は主に成長期にある子供がかかる病気であり、夜驚症の症状は、夜(もしくは昼間)、寝ている時に突然おきだし、叫んだり、泣いたり、混乱状態がしばらく続く状態のある症状のことを言います。夜驚症のそのほかの症状としては、夢遊病の様に夜中に歩き回ったり、ひきつけを起こしたりといった症状があります。通常、子供が成長してくるに...

成人の夜驚症

成人の夜驚症子供に多い病気として注目されがちの夜驚症ですが、実は成人にもあります。その割合は、子供の3%程度が夜驚症なのに対し、成人では約1%以下くらいの人が夜驚症に悩まされています。原因はおきているときの疲れや仕事上のストレスなど。夜驚症で興奮している時は恐怖を感じたり、泣き叫ぶこともありますので、始めてその様子を見た人は少しビックリするかもしれません。夢遊病のように歩き出すこともしばしばある夜驚...

夜驚症治療

夜驚症治療夜驚症の子供を持つ親にとっては、きちんとした治療が必要かどうかとても悩みますよね。夜中に突然目を覚まし、興奮して叫んだり、夜泣きがひどかったりと、親にも相当のストレスがかかります。薬を飲んでまで、治療した方が良いのか、それとも放っておいても治る病気なのか、夜驚症は素人では、判断に苦しむ病気です。夜驚症は、眠りに入ってから、最初の浅くなる時間帯に起きます。昼寝でも永い眠りのときはおきます。...

夜驚症の対策

夜驚症の対策夜中に突然おきだして、本人の無意識のうちに大きな声で叫んだり、起き上がったりする病気夜驚症ですが、この病気は神経質な子供に多い病気ですが、大人でもまれにある病気です。夜驚症患者は自分が夜中に起きたり、走り回ったりしていることを全く覚えていません。原因は心因性の睡眠障害だと考えられていますが、中には遺伝による夜驚症もあるようです。子供の夜驚症患者の場合、大抵成長とともに夜驚症はなくなって...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。